FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カウンセリングって、心のマッサージなのかもしれません。

デトックスといいますが、
言葉で心をマッサージしてもらって、毒素を排出する。
そんな行為なのかなぁと思います。
解雇の衝撃から数日たって、自分の心を見つめる作業をしました。

私の心の中に、なるべく感情を表さないようにするということがあるようです。
いろいろ話をしてみて、初めて気づくことです。

感じていたのかもしれませんが、
はっきり見えたのは初めてだと思います。


感情を表さないようにしているのは
おそらく、自分の中の恐れや不安と向き合いたくないからだと思いました。
不安の中にとどまることはとても勇気が入ります。
まして、私にとって
誰かの目の前で自分の感情を表現することはとても難しいのです。
恥ずかしさとか、プライドとか、世間体とか…
そんなものが邪魔をします。


感情を表してはいけない理由があるはずなんです。
私の中では、子どものころの体験がそうさせているのだと思います。

もしも、泣いて喚いたら、
もしも、癇癪を起していたら、、、
我慢をして、頑張って、それは何を意味していたのか。。。
ようやくわかりつつあります。


そして、もう少し豊かな感情を自分の中に感じることを許せるようになりたいと思います。


そうすることで、より柔らかい心で人と接することができるようになれそうな気がします。


なんだか回想みたいなことを言いますね。
抽象的ですみません。

多分、まだ、漠然としていて、
明確な形になっていないのです。
少しずつ形にしていきたいです。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ 応援ぽち!ありがとうございます。
コメント
お邪魔します。
その表現せずに小さい頃から溜め込んだ感情を抱え心の奥に潜んでいるのがインナーチャイルドなのでしょうか…。
潜在意識に働きかけるヒプノセラピーでは、潜在意識に入り、その時点に戻ってそのときの感情を癒したり、そのとき表出できなかった感情を吐き出して解決する。スピリチュアルカウンセラーは、高次元からのメッセージを受け取り、アドバイスを伝えてくれる。そんなカウセリングもあるけど、人々が本当に求めているのは、どこなんでしょうかね?
自分も人の相談や悩みを聞くことがあり(カウンセラーではありませんが)皆さんはどう受け止め返していくのだろう?と思いながら、あちこちのブログを訪ねてます。
また、お邪魔します。
2012/12/09(Sun) 11:06 | URL | もりたかこ | 【編集
もりたかこさん
コメントありがとうございます。
私はヒプノセラピーがわかりませんし、スピリチュアルの高次元とつながるということはできません。
私のカウンセリングではアドバイスを与えることはありません。
アドバイスを望まれたのなら、どうしてそう思うのかをともに考えていきます。

カウンセリングに求めるものは人によって異なります。
できるだけ早い段階で、何を求め、どこを目標にするのかを
相談される方とともに決めてから、カウンセリングを行います。
今は受け止められない気持ちを無理に表現することは必要ないと考えています。

友人からの相談はカウンセリングにならないというのが本音なのです。
難しいですね。
2012/12/09(Sun) 16:05 | URL | todoya | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。