FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
温泉卵
医療現場において、パワーハラスメントは多々起きています。
これがパワハラだと気づかないままの人も多いです。
どんな状況なのでしょう。
医療従事者は、ミスが許されません。
命に関わるからです。

でも人はミスをします。

その時、どのような対処が待っているでしょうか。

自分を責める。
責任を問われる。
ミーティングをして、ミスをなくす方法を問われる。
誰がやったか調べる。
なぜ起きたか問われる。
婦長(師長)がかばう、あるいは注意を受ける。
怒られる。

などなど。

看護師の場合、まず、主治医に報告をしなくてはいけませんね。
その時に、一言二言、言われることでしょう。
時に、感情をぶつけられることもあるでしょう。
もしかしたら、移動させられることもあるかもしれません。

これらは、ミスへの対処であるのですが、
パワハラの要素も含まれています。

もしも、ミスをしたことを言いにくいという状況があったり、
さらには、必要以上に自分を責めてしまうということがあれば
もしかしたらあなたも、今までにパワハラを受けてきたのかもしれません。

自分でやってしまったミスだから、
何を言われても仕方がない…と思っているから。

情報の共有と、対処の方法と、気のゆるみがないかどうかを確かめればよいだけのことを
あなたの責任だからと言われてしまう状況。
パワハラに限りなく近い、非常に危険な対処もあるのです。


パワハラを受けた人は、虐待された子供と同じ。
殴られても殴られても、ただひたすら我慢して時の過ぎるのを待ち、
自分が犠牲になればよいと考え、
さらなる虐待を受けないために、余計な手助けを拒否していきます。



手助けを求めない人をどうやって救っていくのか。
今の私に課された課題です。

とにかく、虐待する人とされる人を二人きりにしない方法を考えていこうと思います。
そして、並行して、虐待を受けている人の話を聴きながら、
心のケアをしていかなくてはと思っています。

問題は。
虐待する人をどうするか。

なかなか解決策が思いつきませんが、このままではいけません。
今まで、同じ理由でやめていった人たちのためにも。
何とか対処していきたいと思っています。

貴方なら、どうしますか?



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ 応援ぽち!ありがとうございます。



コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/11/22(Thu) 22:52 |  |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/11/23(Fri) 18:06 |  |  | 【編集
みかんさん
こんばんは。
メールは難しいですね。

> 楽しいの感情が無くなってしまったのは私です(夫も病気のせいでそうですが)。

とのこと。そのように考えて返信したつもりでした。
みかんさんの日常を考えると、感情を消さなくてはつらすぎてやっていけないのではと感じました。
今日のお返事を見ていてもそのように感じています。
2012/11/23(Fri) 18:25 | URL | todoya | 【編集
ぴょこたんさん
いつもありがとうございます。
過重労働は確かです。よく知られていますね。
そこで余裕がなくなるというのもお分かりかと思います。
看護師はミスをすることが許されません。
これがパワハラの原因でもあります。
となると、何とかしようとしたり、ちょっと嘘をついたり、悪循環が起きてしまうのでしょう。
そうならないように心を支えることが必要になっているのだと感じています。
高度な技術と、高度な心の在り方、両方を必要とされている。
本当に難しい仕事なのだと思います。
2012/11/23(Fri) 18:31 | URL | todoya | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/11/24(Sat) 21:09 |  |  | 【編集
ぴょこたんさん
コメントありがとうございます。
ミスの確認は「すみません」と言わせるためではなく、
次に起こさないための視点でなくてはいけない。
恐怖は嘘を生みます。
後輩たちが先輩たちをモデリングしてしまうことで、
同じようなやり方でしか対応できないのでしょう。
よいモデルがいらっしゃると変わるのですけどね…難しい問題です。
2012/11/25(Sun) 10:03 | URL | todoya | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。