FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スマートフォン、パソコン。
ネット社会はどんどん進んでいます。
昔の友達とつながったり。もちろん、今の友達とも。

その友達、メールの返信がなかったらどう思うでしょう?
友達甲斐のない奴だと思うでしょうか、それとも、まあいいかと思うでしょうか…

その人は本当の意味で、「友達」ですか?
facebook や line twitter など、たくさんの会話ツールがあります。
ブログもしかり。

返信がないとなんだか見てもらっていないからとか、
反対に自分のことを忘れられたのかと思ったりとか。

昔の生徒が先生に相談をするのに、これらのツールを使うので、
先生は必至で返信をしないといけなくなったり。

私のカウンセラーの先生もそれらのツールはちょっと…とおっしゃって。
即座に対応できる分、本当に即座に対応しなくてはいけなくなっています。

電話しかないときはそうでもなかったのでしょうが。


自分から、メールの返信を切ることができますか?

それができうる相手かどうか。

あなたの友達はあなた自身をそのままに見つめてくれているのでしょうか。
そして、あなた自身はその友達をどう見ていますか?

返事をくれない…と思っているあなた自身。
その思い、孤独感からですか?
それとも、依存心からでしょうか。
不安からかもしれません。


どちらにしても、
あなたがそう思う理由、それがあなたの課題なのかもしれません。

これから先、どのように人と付き合っていくのか、
それまでどうかかわってきたのか。
振り返る良いチャンスかもしれません。


一日中、スマートフォンに向き合ってしまう主婦がいるそうです。
返事のない主人よりも、返信をくれるスマートフォンの向こう側。
嫌味を言う家族よりも、ほめてくれる他人。

さみしい人が増えているのかもしれません。


本当の孤独は、どうやったら癒せるのか。

現代社会の課題なのかもしれません。

あなたは孤独ですか?


この問いは、私自身に向けられたものでもあります。
ただひたすらに生きるだけでは幸せを感じられない日本の社会。
食べることも着ることも、ままならなかった時代にはなかった悩みでしょう。

ひたすらに生きていますか?


生きるのが難しい時代です。
カウンセリングで心を見つめてみる。
心を支えてもらう。
そんなことが必要なのかもしれません。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ 応援ぽち!ありがとうございます。

コメント
返信がない時、すごーく気になる場合が、たまーに あります。ネット依存になりかかっているのでしょうか?孤独なのか、心配性なのか、?です・・・・・
2012/11/12(Mon) 10:52 | URL | 南天 | 【編集
返信
友人も私ものんびりで、メルアドが届いていなくてもお互いに「忙しいのかな?」と言う感じです。
連絡とらなくなっても困った時には直ぐ出動です(^^)v
ひねくれ者なのか?!あまり褒められると警戒してしまいますが、結構当っています^^;
2012/11/12(Mon) 12:11 | URL | ぴょこたん | 【編集
いつもコメントありがとうございます。

ネット依存症にはなりたくないですね。気をつけます。


なかなかコメントが残せなくて、すみません。
ついつい時間が掛るので・・・

つい先日、私の責任で琉守が2階から落ちてしまいました。
娘婿が見ると困るので、ブログには書けませんが、本当に生きた気持ちがしませんでした。(無事で、たこ焼きが運べるほど元気です)


もっと子守に専念しようと反省しています。

でも、コメントは残せませんが、時間のある限り訪問していますからね。

ネット依存そうではありませんが、小春さんを通じて、ネットで知り合った皆さんとも仲良くしたいと思っています。


2012/11/12(Mon) 22:08 | URL | 出前きつけ | 【編集
よく見て欲しいです
実はスマホに変えたてです!!

私は大丈夫~と思っていると危なそうですねv-12

気をつけます♪


いつも通る大通り、15時頃は若いママが点々と立っています。

「あぁ幼稚園のバスが来るんだなぁ」

と思います。

時間があるからスマホをいじるのはオッケーです

でも、下の子がちょろちょろしてる時は勘弁して欲しいです。

よく見て欲しいです

またある時は

あんまり車通りの無い道で、対向車がど真ん中を走ってきます。

大丈夫かと良~く見ると、顔の前に携帯がv-12

もうホントにホントに勘弁して欲しいです。


2012/11/12(Mon) 23:55 | URL | soleilorange | 【編集
南天さん
いつもありがとうございます。
まずは気づくことが大切です。そうすれば依存にならずに済むかもしれません。
2012/11/13(Tue) 12:41 | URL | todoya | 【編集
ぴょこたんさん
いつもコメントをありがとうございます。
直観って大事です。
とりこし苦労は安心ですもんね。出動はすばらしい!行動こそ全てです!
2012/11/13(Tue) 12:46 | URL | todoya | 【編集
出前きつけさん
こちらこそ、どうぞお気遣いなく。
私も時間のある時にしかコメントできません(__)
私も娘を…壁に穴をあけちゃいました(^_^;)
お孫さんだともっとショックなのだと思います。
案外子供って丈夫なので…助かってました。

子どもを見守るって本当に一大事業ですね!お体気を付けて!

2012/11/13(Tue) 12:54 | URL | todoya | 【編集
soleilorangeさん
ありがとうございます。
私もそろそろ変えようかと思っています。
娘がやっているのを見るとなんだか面白そう…
子どもたちが何をやっているかを知るためにも買い替えです!

子どもを見るというのはとても難しいことです。
自分を中心にしている若いお母さまたちもまだまだお母さん一年生ですね。
事故が起きる前に気づいてくれるよう祈るばかりです。
2012/11/13(Tue) 12:58 | URL | todoya | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。