FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バングル
カウンセリングは何回くらい続くのか。

うつ病を対象にした認知療法を行う場合は回数が決まっています。
保健の適応になるからです。

でもそれ以外の場合。
あなたが自分でカウンセリングを受けようとした場合は、
回数はまちまちです。

どういうことかと言いますと…
カウンセリングには多くの手法があります。

保健適応となったのは、認知療法と言われるやりかたです。
13回と回数が決められました。
これが本当に良いかどうかはまだ議論のさなかです。

森田療法は、入院治療を行いますので、
そのスケジュールに沿って日数が決まっています。

ほかにも。
ゲシュタルト療法では、基本的に一回で効果を得ていきます。
合宿セミナーなども行われます。

このように日数や時間が決まっている方法もあります。

ですが、大体においては、カウンセリングをいつまでするかは
決められていないです。


最初の方の面談で、
あなたが「大体こんな風になればいいなぁ…」ということを
カウンセラーと話し合えていれば、
そろそろ終わるかもね~~という感じになって、
お互いに、これで終わりにしましょう、ということになり、
カウンセリングが終わるという感じでしょうか。


数年たってから、再び予約され、訪れる方もいらっしゃいます。
再度問題が起きたというよりも、確認ということが多いようです。
ちゃんと終われていたらということになりますが。


あるいは、カウンセリングが中断することがあります。
クライエントであるあなたが来なくなった場合とか、
カウンセラーがやめてしまったり、移動があったり、死んでしまったり…

中断の準備をしてからなら、少しはダメージが少ないでしょう。
でも突然であることも多々あります。

こんな風に、カウンセリングの終わるときというのは
きちんと期限があるわけではないことの方が多いのです。


数か月でよい人もいれば、10年たっても続けている人もいます。
毎週通ってくる人もいれば、ひと月に一回がやっとの方もいます。

どこまでやるか、いつまでやるかは、
あなたとカウンセラーの気持ち次第です。



あなたがよくて、カウンセラーはもう少し続けたいと思う場合もあれば、
カウンセラーはもう大丈夫と思っても、あなたが続けたい場合もあります。

どちらでもよいのです。
お互いがしっかり話し合って、決めることです。


でも、できれば…
カウンセラーが続けたいなぁと言ったら続けてみてほしいです。
あなたが気づかない課題を見つけたのかもしれませんから。




お終いになったからと言って、もう来てはダメ!ということはありません。
いつでも辛くなった時に、予約を取っていただければよいのです。

その時は、
ちょっと年を取ったカウンセラーと、また新しい出会いがあることでしょう。



長く続けられるカウンセラーに出会えることを祈っています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ 応援ぽち!ありがとうございます。
コメント
友人が、コーチングをしています。

先日「聴く」の講座を久しぶりに受けて、改めて「聴く」ことの難しさと大切さを実感しました。

カウンセリングも「聴く」と言う事を大切にしていると思いますが、「聞いてくれる人、口を挟まずただ聞いてくれる人」がいるだけで、悩みの半分以上は解決するのではないでしょうか?
そんな気がします。
そろそろ、私もたまってきたかも(^_^.)
2012/10/17(Wed) 11:49 | URL | みーちゃん | 【編集
みーちゃんさん
いつもありがとうございます。
本当に、「聴く」ことほど難しいことはないと思います。
ですが、自然にできるようになると聴くのも聴かれるのも楽ですね。
そうなりたいと思っています。
2012/10/17(Wed) 17:05 | URL | todoya | 【編集
コメントの、自然に出来るようになる・・・着付けの仕事もそうですわ〜私もそうなりたいです。
2012/10/18(Thu) 09:03 | URL | おその | 【編集
おそのさん
いつもありがとうございます。
自然に!というのが案外難しいですね。頑張りましょう!
2012/10/18(Thu) 11:17 | URL | todoya | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。