FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋の日本庭園
こちらのブログを初めてしばらくたちますが、
ふと考えたりしています…

何をエラそうなことばっかり言ってんの…という気持ちと、
何かしらのヒントになれば…の気持ちが行ったり来たりです。

だってね…お話しやすい人って、どんな感じの人を思い浮かべますか?
そこには、なんとな~くほんわかした人…とか、
頼りなさそ~だけど、大丈夫かな?…とか、
この人なら、きつ~いことは言わないだろうな~とか。

おしゃべりの多そうな、元気のよさそうな、そんな人に、
自分の深刻な悩みを話そう!とは思いませんよね。

まして、アドバイスをくれる人なんて…

そんなの余計なお世話だわ!と言いたくなるだけで、
それ以上、言いたくなくなりませんか?



これまで書いてきた内容はともすると、余計なお世話です。
「わかっているけど、できないから悩んでいるんじゃないの…」おっしゃる通りです。

それでも何かのヒントになればと思いながら綴ってきています。



自分の経験でいろいろな判断をすると、
お話してくださる方をカウンセラーの型にはめてしまいます。
これは恐ろしいことなのです。
おそらく、来談者であるあなたのお話をちゃんと聞けなくなっています。

これじゃ、カウンセリングの意味がないですもの。

そう思うと。
今までのお話の中に、あなたの想いを話せなくなる原因を作ってはいないか…
と考え続けています。



なにしろ。
大きな声では言えませんが。
今まで出会ったカウンセラーの中で、
本当に素晴らしく聞くことが上手と思った方は、
どの方も、なんだかどこか、頼りない感じを受けたのです…


皆さん、細身で、なんとなく声も小さくて…(実際はものすごくよく聞こえます)
ぼそぼそっとはなしているようで…控えめで。

でも。眼光は鋭い。

あまり恰幅の良い、声が大きい、堂々とした人はいなかったのです。
不思議ですね…


で、私は。。。。



とりあえず、着物を肩幅と太ももの太さで着るような、
メガネかけたおばちゃんです。
あまり雑談は得意ではないのですが。

そうそう。大きな声で笑うのは得意かもしれませんね……



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ 応援ぽち!ありがとうございます。






コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。