FC2ブログ
ss-2010063001034921928.jpg

同窓会のお誘いがありました。それも2件。

一つは娘の高校時代のママ友。
もう一つは卒後四半世紀を過ぎた看護学校の。

昔の友達に会う機会が来るというのも
スピリチュアル的には意味があるようですね。





こんにちは。
コーチングカウンセラー、看護師のメンタルコーチ、ジーナです。

(やっぱりこのあたりの肩書が一番しっくりくるような。。。)


昔の知り合いに逢う機会が増えるというのも意味があるといいます。

人間関係を見直す時だとか、
昔の課題を乗り越えなさいということだとか、
あるいは、新しい一歩が始まる前の前触れとか。

私はようやく自分がこれからどのように生きていくかを決めましたので、
これから命が続く限りはその道を進んでいくつもりです。


50歳を過ぎると、自分の生き方がより自由になるのだと
今朝ラジオで言っておられる方がいました。

それまでにいろいろなつらいこと、考えることがあったとしても、
そのくらいの年齢になると、
すべてから自由になれるのかもしれないと。

女性の方でした。

子育ても終わり、仕事も一段落。
介護までにはもう少し、、あるいは同時になっているころ。

だからこそ、自分の心も断捨離をする時期だと。

心の断捨離。


それまでの人間関係のしがらみがあったり、
不要なものであふれている家の中。
そして、必要な仕事かどうか。

介護を他人に任せられない原因も断捨離ができていないから。

「自分がやらなければならない。」

この、「ねばならない」を捨てられるかどうか。
なぜ捨てられないかというと、
世間体だったり、
自分の不安からだったり。
自信のなさだったり。


それを捨てることができたら。
人にゆだねることができるようになったら。
自分を許すことができるようになったら。

少し自由になれるのかもしれませんね。



昔の知り合いと会う。
これも、自分がそれまで築いてきた人間関係を見直す機会です。
これから付き合っていく人はどの人なのか。
それまでどのように自分が付き合っていたのか。

そして、何を選ぶのか。何を選ばないのか。



そう伝えられているのかもしれませんね。

??誰から誰に?

神様から私に。
あるいは、魂の故郷から、今を生きるあなたに。


これからの未来はよりハッピーに生きましょう。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可