FC2ブログ
112_11412467.jpg

新人研修でお話しさせていただけることになって、
友人にコンテンツを相談しに行きました。

組み立てから何から、全部力を借りてしまいましたが。。。
面白い研修ができそうです♪

自分一人ではこんな面白そうなことにはならなかった。

アドバイスを受けながら、自分がワクワクしているのがわかります。
こんな研修だったら私も受けたいなぁ~


これからの時代、情報はたくさんあります。
一番大切にしたいのが、やっぱり対面でのセミナーや相談です。




こんにちは。
看護師のメンタルコーチ、カウンセラーのジーナです。


改めて、肩書を確認して、名乗ってもよいといわれたので、ほっとしました。

日本ライフセラピスト財団認定ライフコーチ

が正式名称なのだそうです。
FBでも書いたのですが、
今までカウンセリングの勉強をし続けて、
およそ70人の大学教授、講師、臨床心理士、カウンセラーの方から学んできました。
ようやく、カウンセラー、コーチとして皆さんにお話しする機会ができました。


なので、
新人の皆さんにお話ができるのが楽しみで!楽しみで!ワクワクドキドキしています。


私が受けてきた講座の数々。
面白いもの、退屈なもの、学びの深いもの、実践的なもの。
さまざまな方法がありました。
なかなか心に残る講座がないのです。
何故なのでしょう?と思っていました。
友人に講座のアドバイスを沢山いただきました。


記録に残すよりも、記憶に残る講座を!


一番大切なのはここです!と教えられました。
確かにそう。
90分終わって何にも心に残らなければ、
全く実践に生かされることはありません。

知識は自分で獲得することができます。
でも実践はやらないとわからない。

知識を実践に生かしてこそ初めて意義があります。


だから、今度の講座は、時間目いっぱい使って、
身体で、心で覚えていただける講座を作りたいと思います。



医療の安全って、意外なところにキーワードがあります。

それが、コミュニケーション。


緊急になればなるほど、
日ごろ、どのような人間関係があって、どのようなコミュニケーションをとっているかが
とても重要になるのです。
一言の言葉で、理解できるかどうかは、
それまでの関係性で、この人はどういうことをどのように伝えてくるのかが
分かっているかどうかで決まります。

良い関係の人とは、伝わり方が早い。
対処も当然早くなるのです。

関係性が悪いと、伝わりませんよね。
緊張感が増えて、不安も増えます。
すると、ミスが出ます。

これが医療の安全を脅かす状態なのです。



コミュニケーションが医療の安全につながることを伝えます。


そして、人間関係は自分次第なのだということも。




感情は一瞬で変えることができます。
この方法を伝える時間はないかもしれませんが、
自分の働きかけが周囲を変えていく力を持っていることを
精一杯伝えたいと思います。


本当に楽しみ♪

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可