FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
450-2012032121270848899.jpg


看護師の皆さんのお悩みの一つに、 コミュニケーションがうまく取れないということがあります。

看護教育と一言に言いますが、
いろいろな分野があります。
最近注目されているのは、コミュニケーション。

若い人に限らず、
医療の世界しか知らない人は何かしら癖があるようです。
どうしても上から目線。

知らずにやってしまうその会話がいささかの問題を引き起こしたり。
そのことにさえ気づかなかったり。
離職者が増えている理由の一つは人間関係です。
医者と看護師、患者と看護師、家族と看護師、医療スタッフと看護師。

看護師の仕事には対人関係が大きなウェイトを占めています。


それぞれの立場でのお悩みを拾っていきますと…
こんにちは。
「ロータス」コーチ&カウンセラーのジーナです。


立場別のお悩みというと。


新人さんであれば、 患者さんとのお話が続かない。
先輩から注意をされて落ち込んでしまう。
何度も尋ねると「前に教えたでしょ」と言われて聞き返せなくなる。
なんだか無視される。 人間関係最悪だ。     などなど。


プリセプターになると、 何度教えてもわかってくれない。
聞く耳を持ってもらえない。
うまく伝えられない。
新人が何を考えているかわからない。
注意をするとすぐ落ち込んだり、むっとしたりして、気分が悪い。 

主任、師長になると、 スタッフ間がぎすぎすしている。
困ったチャンがいて、対処に困ってしまう。
間に立たされて、自分がいつも我慢する役になってしまう。
あるいは、嫌なことばかり言わされる。
医師からも嫌味を言われ、スタッフからも阻害されている気がする。



コミュニケーションのノウハウについては、
研修会、雑誌、本、先輩の経験などで知っていても、
実践できないことありませんか?
聴いたようにはならないし、書いてあるようにはならない。
その通りにやっているつもりでも、なぜかうまくいかない。
そんな状態はありませんか?

コミュニケーションは誰もが上手になることができます。
でもこれには、トレーニングが必要です。

トレーニング次第で、あなたもコミュニケーションの達人になることができます。

家族とはうまく話せていますか?
夫、子どもたち、あるいは、両親や親戚。身内。
さまざまな関わりがあって、コミュニケーションに癖がついているのです。
患者様はお客様ですし、 医師はその立場から、パワハラ気味に話してくることがあるかもしれません。

どんな立場の方であっても上手に対処できるようになりたいと思いませんか?


実は、
私は、お話が下手です。(はい。自覚しております)
自分のことを伝えるのがあまり上手なほうではありません。


かつては、自分を抑え込んで、言わないようにしていたり、 我慢してしまうことが多くありました。
あるいは、その反動で、 爆発的に暴言を吐いてしまうこともあったのです。
ついついシニカルな返答をしてしまったり、 皆が笑っているときに、皮肉を言ってみたり。
盛り上がっているときに、異様なほど冷めた目で見ていることもありました。

これらはすべて原因があったのです。
そうせざるを得ない状況が 私に話下手のパターンを作ってしまっていました。

つまり、
①コミュニケーションを改善するには、 自分がなぜそのようなコミュニケーションをとってしまうのかを知る必要があるのです

今でもお話は上手ではありませんが、 以前ほど、皮肉ったり、非難しなくなりました。
怒りの感情が出てきたら、よしよしと収められるようになったのです。
我慢するのではなくて、ちゃんと「怒り」ちゃんをなだめられます。
なぜ、怒るのかがわかったからなのです。

人には負の感情が10種類あるといわれています。
そのすべてに原因があります。
それがわかると、自分のパターンがわかります。

良いパターンはそのままに、ちょっと不都合なパターンは壊して新しいものに。
これをすると、 話下手がコミュニケーション上手になることができます。

ん?どういうことと思われるかもしれません。
実際経験してみるとよくわかります。

コミュニケーションの改善はもう一つ大切なことがあります。
②良いコミュニケーションのトレーニングをして身につけることです。

コミュニケーションはスキルです。
スキルということは、訓練しなくてはいけません。
なぜ起きるのか、どうすればよいのかがわかっていても、
意識的にトレーニングしなくては、身につかないのです。


私は、コーチングでカウンセリングをやります。
そして、コミュニケーションのトレーニングを皆さんにやっていただいて、
しっかり身につけていただきます。
コミュニケーションの癖を知り、なぜ起きているかを理解するには、
コーチングとカウンセリングの技術を使っていきます。

そして、自分のコミュニケーションの癖を理解したうえで、
新しい対話の在り方をトレーニングで身につけていきます。
其々の方によって得意なやり方は異なります。
1人1人、どのようなタイプなのかを知って、
その方にあったコミュニケーションを身につけていただきます。

良好なコミュニケーションは、よい医療サービスを生み出します。
良好なコミュニケーションは、仕事の効率をアップさせます。
良好なコミュニケーションは、患者様の心をいやすことができます。
良好なコミュニケーションは、ご家族様を安心させます。


牽いては 病院を繁盛させてしまうかもしれませんね(^_-)

トレーニングセミナーは数人のグループで、 もしくは病院単位でのお申し込みを承っております。
セミナー会場はご用意ください。
資料そのほかはこちらで用意させていただきます。

現在、お試し期間として、お値段は交渉とさせていただいております。
通常、お1人当たり、1回/2時間につき1万円(最大6人まで)ですが、
半額でさせていただきます。

詳しくはお問い合わせください。

コミュニケーション力をアップして

離職者を減らして

長く、楽しく!働ける職場を作りましょう!
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。