FC2ブログ
001039_li.jpg

「この年になって看護師を目指すのはどうなのでしょう?」

というご質問を時々見かけます。

私は、60歳になってから医師になった方がいることを知っています。

年齢と目標は関係あるのでしょうか。
あなたの足を引っ張っているもの、
決心を鈍らせているものはなんでしょう?

家族?お金?時間?

それらを超えて、自分の願いをかなえる方法はたった一つです。
こんにちは。
看護師&カウンセラーのとどやです。


大きな決心をする前には、たくさんの障害が見えます。
その上に、自分の自信のなさによる不安やら怖さが積み重なります。
そして、たいていの場合、その壁の高さにおびえて、
諦めてしまうことも多いです。

諦めるのではなく、最初からチャレンジさえもやらないこともあります。
できない理由をたくさん並べて、やっぱりできないと自分を納得させることも。

なぜ、そうなるのでしょう。


決心をしないことで得られるものがあるからです。


それは、「安心」「安全」「安定」

今のままは嫌だといいつつも、
今の環境が壊れてしまうのは嫌。
積み上げるものが多くなるほど、それを手放さなくなります。


一つ質問です。
貴方は何かを収集しているものがありますか?
あるいは、棄てられない物がありますか?

物、物質ですよ?


収集をする人はそれを手放すのをとても嫌がります。
執着とさえ言えます。
男性には多いように感じますが、
洋服がつみあがっている女性とかもそうですよね。

一度つかんだものを手放すことができない。
手放してしまうと不安になるからです。

“いつか”使うかもしれない。
時々やってくるその“いつか”がくると、
「ほらね、とっておいてよかったでしょ?」


なかった時のことを考えると、不安になるから、おいておく。
あるいは、せっかく集めたものだから思い入れがあるから取っておく。

それが楽しみならばそれでよいのです。
でも、集めることが苦痛になるのだとしたら。
置いておくことがストレスになり始めたら。


心に穴が開いているのかもしれません。

あなたの寂しさが物を集めることによって穴をふさごうとしているのかもしれません。



自分を安全な場所においておくことは
安心な人生には大切なことかもしれません。

ですが、貴方は何か成長しようとしたときに、
安心の場所から少し飛び出さなくてはいけません。

「この年になって」という方は、
年齢を理由に夢を手放して、今の安全を守ろうとしているのかもしれません。

「お金がないから」という方は、
お金がないから、自分の人生はこんなものだと考えているのかもしれません。

「家族のために」という方は、
自分を犠牲にすることが家族の幸せだと思っているのかもしれません。


本当にそうでしょうか?




私は、家族のことを考えて、自分の成長を犠牲にしてきました。
でもそれは家族にとっても幸せなことではなかったようです。
「あなたのために、○○することをあきらめたのよ」なんて言われた子どもは
「私たちのせいにしないでよ」というでしょう。

子どもたちに責任を押し付けて、自分はいい人になろうとしていたのですね。

本当は、自分も幸せになろうとすることが
子どもたちの幸せなのですね。

これを受け入れるのに、ずいぶん大きな決心が必要でした。
やったことがないことでしたから。


貴方はどうでしょう。


夢をあきらめますか?つかみますか?


夢をつかむためには大きな3つの壁が待っています。
もしも覚悟ができていたなら、
この壁が突然やってきても、準備しておくことができますね。

壁を破るのか、
壁をよけるのか
壁を乗り越えるのか。

どの手段でもよいと思いますよ。

結局は壁を越えて向こう側に行けるわけですもの。


向こう側は、夢の世界が見える場所です。


貴方も、最初の一歩を踏み出してみませんか?
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可