FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
看護師の専門サイトなどを見ていますと、
看護の制度がどんどん変わり、医師に近づいている。。。
看護師の能力や地位の向上に努めている人の対話が
おもに著されています。

皆さん熱心で、非常に情熱的です。
そして、仕事に生きがいを感じ、時間を費やしている感じ。


ですから、本当に悩むことなどなく、
理想に燃えているように見えますが。。。本当にそれだけでしょうか?
看護師は疲れている人が多いです。
それ以上に、日常化した看護の仕事に
心を動かすことがないまま仕事に従事する人も多い気がします。

当たり前の毎日。
当たり前の忙しさ。
いちいち感情を揺らしていては、仕事にならない。

それほどにハードで、危険に満ちている仕事です。

人として。
本当に心を動かしながら生きられているでしょうか?

私の答えは否です。


心を揺らすと、ミスになる。
心を揺らすと前へ進めない。

看護に熱心に向き合うことで、
自分の揺れる心を止めようとしている。

そう見えてしまう。


でもこのことに気づくことは大変に難しいです。

仕事はこなさなくてはいけませんから。
収入が必要ですから。
心を止めていることさえ気づかないまま、
毎日を過ごしている。

結果。

非常に高価なものを買い続けたり、
エステや海外旅行に費やしたり。
時にはセックスを求め続けたり。

止めている心の反動がいろんな形で出てきます。
そして、その行動の意味を考えることもできない。

そんな看護師の方がいることを私は教えてもらいました。

私自身がそうです。

私の感情がどこにあるのか。
見つけることが大変に難しいのです。
気づかなかったのですが、
それまでの育った環境に上乗せするように
看護の仕事を選んだのだとようやく気付いた時には
自分の心がどこかへ行ってしまっていたのです。



心を取り戻す。


とても難しい作業です。

看護師を引っ張っている方たちは、
勤務時間や勤務体制が問題だといいます。
そして、より専門性を高め、高度な看護を目指すことに精進しています。

心を失った看護師が多いことに気づくことはありません。

彼らは理想に満ちているのです。
振り返る暇などありません。
離職率の高さは、勤務体制のためだけではないのに。


私は、
心を揺らす看護師の必要性を感じます。

感情の起伏がある人に看護をして欲しい。

仕事として、情報を与え、相談に乗る。
確かに高度な看護師なのですが、
果たして、心に沿った看護ができているのだろうかと
いつも疑問に思うのです。

看護師は二種類。
高度なテクニックを持つ人と
心に沿うことのできる人。

両方ができる人は大変少ないのかもしれません。

緩和ケアではこれが必要とされます。

本来なら、両方ができなくてはいけません。

でも、必ずしも両方できません。
私は高度すぎるテックニックは持っていません。
ですから心に沿うことを重視します。
こういう看護師は、忙しい現場では第一に必要な人ではありません。


普段の診療でくらいは、心に沿った看護をしたいと思うのですが。


看護師の皆さん。
あなたの本当の感情、気持ちがどこにあるのか、ちゃんとわかりますか?
一度、じっくりと考えてみてください。

人として。
豊かに生きていきたいものです。
コメント
「心に添う」とはとてもむずかしいことですよね。

「『わかった、わかった!』なんて軽々しく言って欲しくない!
貴方にいったい何がわかるの?」なんて言われそうです。

技術も大切ですが、自分の心を持ち続ける看護師さんがいてくださると嬉しいな(#^.^#)

2013/01/06(Sun) 14:34 | URL | みーちゃん | 【編集
専門性の高い職業だからでしょうか?毎年、多くの看護師志願者、受験生がいますが、学校に入ってから 実習に出てから 国家試験合格後 就職してからと、どんどん離職してしまうんですよね。
現場は、常に人出不足(>_<)
情熱だけでは、燃え尽きちゃうのかしら・・・
2013/01/06(Sun) 16:04 | URL | マダムむらさき | 【編集
みーちゃんさん
いつもありがとうございます。
私自身が一番怪しかったと思います(^_^;)
心に沿うということが一番私にかけている資質かもしれません。
本当に難しいことだと感じています。
2013/01/08(Tue) 22:34 | URL | todoya | 【編集
マダムむらさきさん
コメントありがとうございます。
おっしゃる通りなのです。情熱で目指した人は燃え尽きる。
資格がほしい人は、適性に悩む。
細く長く続けられるよう支援が必要なのだと思うのです。
2013/01/08(Tue) 22:38 | URL | todoya | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。