FC2ブログ
看護師への道は沢山あります。

まず必要なことは、看護師の免許をいただくことです。

看護師の資格は現在2つ。
准看護師と看護師(正看護師のことですが、正確には正を付けません)です。

准看護師は都道府県によって認定される資格で、
看護師は国家試験によって認定される資格です。

まずは違いから。

准看護師は、いわゆる働きながら資格を取りたい人に
現場で働きながら、看護の勉強をしてもらい、
それぞれの都道府県の資格としたものです。

医師会の要望によって作られた資格です。
日本看護協会は、国家試験で統一したいようですが、
なかなか…
給与も安く使えるということで、小さなクリニックなどでは准看護師を採用することも多いです。
特に、クリニックなどで必要な技術は、准看護師が習得しやすいです。

反対に看護師はクリニックには弱いかもしれません。


看護師は、国家試験に合格しなくてはいけません。
そのためには必要な単位の教育を受ける必要があります。
准看護師の資格を持つ人も、さらに2年のカリキュラムを受けることが必要です。

国家試験を受けるためには、
専修学校、専門学校、衛生看護科などがある高校、大学の看護科などがあります。

専門学校は高校卒業後に入学して3年間学びます。

衛生看護科は高校の資格を取りながらの看護師になりますので、
普通の高校より一年長く、4年間以上の期間が必要です。

大学は、入学試験を経て4年で看護科を卒業、看護学士の資格がいただけます。

専修学校は専門学校と同じような感じですが、
大きな違いは、その単位数。
大学へ編入したいと考えたときに、、この単位数が問題となってきます。

専門学校を卒業した場合、
大学3年次への編入に必要な単位数をクリアしていることが多いのですが、
専修学校は認定されないことがあり、
編入はできないとされてしまいます。

この細かい違いはステップアップを考えたときに大きな違いとなります。
4年かかるか、2年で済むのか。
単位的にも、一般教養科目の英語、生物…時に数学も。
このあたりで苦労されることが多いようです。
統計学も必要ですので、このあたり、なかなかクリアしにくいかもしれません。

同じ看護師になるといっても様々なルートがあります。
さらに、その資格によって、お給料も異なってしまいます。

だからと言って働く環境は皆同じです。

マッチングが問題になってきているのもこのあたりも関係していると思います。


漢字が多くて読みにくいですね…
難しい話なので、仕方がないのかもしれません。

次は、看護師のステップアップについて書いてみます。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可