上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一つのツールとして、カラーセラピーを習得しました。
ご希望があれば、実施できます。

色って力があります。

その時の、あなた自身の状態を一番知っているのは
あなた自身なのです。
私の今の課題は、
自分自身の体の声、無意識の意思を
自分の心で聞いて、気付くことです。

カラーセラピーを学んだ一つの理由は、
聞こえなくなってしまいがちな心の声を
色の力を借りて聞いていこうと思ったからでした。

TCカラーセラピー

誰にでもできるようにと開発されたカラーセラピーです。
やり方と、そのメッセージの基本を抑えてくれています。

ですが、セラピストは人。

心で聞いて、心で語ることに何ら変わりはなく、
カウンセリングと同じ心で聞いていくものです。

カラーボトルをツールにして、
気付かなかった心のメッセージを聴くことができます。



カラーセラピーは、それぞれの色に意味があり、
それを覚えるのは大変に難しいことです。
それぞれの色に、それぞれの意味があり、
色の数ほど意味があるからです。
さらにそれを組み合わせて読むとなると、、、

数千、数万に及ぶ意味を覚えなくてはいけません。

TCでは14本のボトルに集約されています。
解説もちゃんとついています。


日本でも昔から、色の力を知っていました。
仏教においても、神道においても
色で官位を表し、
尊い色を決めていました。


古いお墓からもわかります。
朱に塗られていたり、
金色の副葬品が入れられていたり。

高価というだけでなく、
色は大変重要な要素でした。



色の力を借りて、
一緒に気持ちを話してみませんか?

私も、きっかけツールができたので、
なんだか楽しみになってきましたよ♪



そうそう、ご質問をいただいたのです。

カラーセラピーって占いですか?ってね。

実はカラーセラピーは、非常に検証されているツールだといえます。

色と人の気持ちの関係は統計的に研究されています。

たとえば赤。

エネルギー、勝利、情熱、炎など。日本人にとっては赤は太陽の色ですね。
炎の赤はオレンジや黄色と思う方もいらっしゃると思います。
赤いものを見ると興奮するというのも、統計学的にその結果が見られます。
闘争心とつながる色として、男性性を表すと考えます。



水の色、冷たさまたは冷静さ、落ち着きを表します。
赤と反対のエネルギーがあるので、女性性を表すと考えます。

中には女性的な色として緑色やピンク色を思い浮かべる方もあるかもしれません。
緑色は家族などの小さな集団を意味することもあります。
ピンク色は愛情や甘え、依存性を含めた意味があります。

これらもすべて調査の結果による答えです。

もちろん、その解釈はさまざまかもしれませんし、
国によって、民族性によって意味合いは全く異なります。

TCカラーは日本人の方が開発されていますので、
他国の統計調査だけでなく、日本人に合わせた考え方が取り入れられているようですね。


セラピーやカウンセリングの考え方は
主にアメリカ、ヨーロッパの人々によってあらわされていました。
近年、その考え方を日本人に取り入れるときに違和感が強く表れることが分かってきました。

つまり、日本の文化、風土、民族に合ったセラピーやカウンセリングの必要性が
唱えられてきているということです。


カラーセラピーは占いではなく、
これらの統計と、日本人の民族性を考えて作られた科学的な傾向をお伝えするツールです。

もしも伝えられたことが、自分と合わないと感じたとしたら、
それは大変に重要な、あなたにとって大変にコアな情報が含まれています。

違いがどう違うのか、何が違うのか。
そのことを見つめることがとても貴重な経験になるのです。


皆さんのお近くにもTCカラーセラピーをされている方がいらっしゃるかもしれません。
是非一度お試しくださいね。


私へのお申し込みはこちらからどうぞ。



スポンサーサイト
学ぶことって楽しい!

勉強は嫌い。でも学ぶのは好き。
何でも自分で試して、何でも見てみて、
自分でぶつかっていく学びは本当に楽しいです。

看護師になった時に、
あちこちの学会に行きました。
年に一回しか認めてもらえなかったのですが、
毎年興味のある学会を除いたものです。

観光がついていないコースを選んででも
あちこち行ってみました。

今はどうかわかりませんが、
四半世紀前の学会は、まだ、学術発表という感じに至らない論文も多く、
発表も原稿を読むだけという形が多くありました。

それって、読めばわかるじゃん。
なんて斜に構えていました。

時々素晴らしい発表があるのです。
そんなときは設けもん!って感じ。エキサイトしました!
質問する勇気はなかったのですが、
何か聞くことはないかと頭をひねってみたりしましたよ。

分科会も全部は出られないので、
聴きたい発表の会場を渡り歩いて、
バタバタ走り回ったものです。


今は。
そうでもないのでしょうか。
久しぶりに看護学会を見に行きたいなと思っています。

今度は、自分がセミナーを持つという体験が控えているので、
発表者視点で見ることができます。

どう発表すれば惹きつけられるのか。

どう発表すれば理解してもらえるのか。

そんな視点で見てみたい。
そして、何より、どれほど看護学が進歩しているのかを
感じ取りたいと思うのです。


そして、もう一つは、
看護師が人としてどのように生きているのかを知りたい。
何に悩み、何に迷い、人としてのひずみはないか。
看護師として生きるだけでなく、
人間として、女性or男性としてどのように生きているのか。

私が医療従事者を支えていくためにどのスキルを磨いたらよいのか。
そして、どう働きかければよいのか。

知りたいのです。



ss-2010080122271442962.jpg

ある方が、友人とともに書籍のキャンペーンをされています。
ここで売れた収益は、あるところに寄付をするそうです。

皆さんかなりの有名人ですので、単独でも売れるでしょうが、
今回はもっと大きな志があって
皆さんで一斉にキャンペーンをしているのです。



このことを、友人がこう言いました。

「こういうやり方でベストセラーを作るんだね。」



あぁそうかと思いました。
私も以前ならそのように考えていたと思います。
自分の心の中をのぞいたような気がして、
複雑な思いがしました。


この言葉の中に、ちょっとした妬みがあることに気付かれますか?
そして、否定的にとらえていることも、考えられます。

ベストセラーを故意に作って収益につなげて、なんだかずるい。。。とか、
嫌なやり方だ。。。とか。

過去の私はそう思っていました。


心の奥深いところで、私の考えが変わりました。
それはお金に関することも含んでいます。

お金儲けは汚い。とさえ思っていたのですね。

今は違います。


お金を儲けられる自分は、それだけ他人への影響力があるということ。
沢山のお金を持ち、それを他人に分配することができるようになる。

影響力が大きくなると、社会への貢献をする力も大きくなる。

貢献したければ、より影響力を身につけ、お金を引き寄せていけばよい。

そう考えられるようになりました。



お金を貯めこむだけではだめなんです。
一時的なお金も意味がありません。

宝くじが当たって、身を滅ぼす人がいます。
宝くじが当たったからと言って、永遠にお金持ちになれる人は少ない。
大体の人は、世界旅行をしたり、家を買ったりして使ってしまいます。

そして、変わらない日常を過ごすのです。


本当のお金持ちは違います。
お金を持つことで大きな影響力を伴うことを知っています。
お金儲けをしたら、社会に貢献する力が増すことを知っています。
ですから、お金をたくさん稼いで、それを世の中に分配するのです。
そして、また、お金がたくさん入ってくる。

お金持ちのスパイラルです。


ベストセラーにするために友人と組んでキャンペーンをする。
沢山のお金でもって、社会に貢献していく。
戦略を立てて、より大きな力を身につけて、大きく貢献する。

このやり方に気付いたら、
ベストセラーは作り出すもの!という考え方も受け入れられるのです。



マインドを変えると、お金が回り始めます。
より貢献できる自分を作り上げること。
本当の意味での豊かな人生はその先にあると思うのです。

お仕事していて人間関係うまくいかないこと、ありますよね。
あるいは能力不足で、私には向いていない。
そんなことを思うこと、ありますね。

看護師の事情

転職しても仕事、あります。
なので、本当に人間関係難しくなったら、やめちゃえ!
となりがちです。

そして、”いいところ”が見つかればラッキー

転職サイトにはこの、いいところを見つけた事例がいっぱいです。

これ、落とし穴かもしれません。なぜなら…
普通の企業に勤めていると、
なかなかやめちゃえ!ってことにはいきません。
次の就職を見つけることが困難になってきているからです。

我慢しすぎてうつになったりする人もいるかもしれません。
先行き悪くてもやめて、フリーで仕事をし続ける結果になるかもしれません。

改めて、資格を取ろうとする人もいます。


さて。看護師の場合。


求人はいつもあります。
条件も良いところ、悪いところ、さまざまではあるものの、
少なくとも、お給料で困ることはほぼありません。

そんな事情もあってか、転職サイトはたくさんあります。
転職をあっせんする企業も増えました。

転職して、希望の勤務ができるようになりました!とか
とっても良い人間関係で満足です!とか。

嘘ではないのですが。



あなたの転職の理由によっては、いずれうまくいかなくことがあります。

たとえば。
技術が身に着けられない場合。
手技を覚えられない場合。
瞬発力が必要なのに、対応できない場合。
高度な知識が必要なのに、持っていない場合。

これらは訓練によってある程度までは身に着けることができます。
それでもダメなときは、きっぱりと進路を変更することもできます。

できることとできないこと。これがはっきりわかるから判断できるのです。


問題は。
人間関係でやめることになった場合。


いうことがころころ変わる先輩。
嫌味ばかり言う上司。
すぐ怒り出すスタッフ。
教えてくれない指導者。
性格が合わないメンバー。


貴方はどんなことで転職するのでしょう?


これらはすべて繰り返される可能性が高いです。
どこに行っても同じ問題にあたる。ということがあるのです。

周りが変わらないから、自分が働きにくいのだ。とか。
自分は一生懸命やっているのに、誤解されてしまう。とか。


これは、誰が悪いわけではありません。


あえて言うとしたら。
お互いのコミュニケーションの能力が低いからかもしれないのです。

そう、あなた自身も含めて。



あなた自身は十分に相手の話を聞けているでしょうか?
そして、そのことが相手に伝わっているでしょうか?

この、聞いているということが相手に伝わっていることが大事なのです。


伝わらなければ、聞いていないのと同じ印象になるのです。

「あなたの話を私はちゃんと理解しています」

このことを伝えないと、「聞いてもらっている」と思ってもらえません。





人間関係でやめた場合、同じ問題が再発する確率は高いです。
なぜなら、あなた自身のコミュニケーションが何も変わっていないからです。

他人は変わらないのです。
どこに行っても同じような人はいるのです。

変えられるのは自分自身です。

自分の意思を変えるのではなく、
自分のやり方を変えればよいのです。


そしてもう一つ。
貴方が幸せになる方法は、

あなたの感情を変えていくことなのです。



イライラを感謝の気持ちに変えられたら、どんなにハッピーでしょう。

そんなのできない!とおっしゃらず。

できる方法はあるのです。

それには、心と言葉の訓練が必要です。



もしも、あなたが望むなら、
いくらでも幸せな感情をつかむことができます。
どこに行ってもどんな人ともうまくコミュニケーションをとれるようになります。

是非。

貴方もハッピーを選んでほしい。

そう思います。


あなたは何に悩んでいますか?
あなたのこれからの生き方を見つけませんか?
看護師のメンタルコーチをやっています。
お申し込みはこちらから!
ss-2010063001034921928.jpg

同窓会のお誘いがありました。それも2件。

一つは娘の高校時代のママ友。
もう一つは卒後四半世紀を過ぎた看護学校の。

昔の友達に会う機会が来るというのも
スピリチュアル的には意味があるようですね。





112_11412467.jpg

新人研修でお話しさせていただけることになって、
友人にコンテンツを相談しに行きました。

組み立てから何から、全部力を借りてしまいましたが。。。
面白い研修ができそうです♪

自分一人ではこんな面白そうなことにはならなかった。

アドバイスを受けながら、自分がワクワクしているのがわかります。
こんな研修だったら私も受けたいなぁ~


これからの時代、情報はたくさんあります。
一番大切にしたいのが、やっぱり対面でのセミナーや相談です。




112_709021.jpg

可能性ってどんどん出てくるものです。

自分はここまで!と思ったらそこまで。
こんなことができると認知できていることよりも、
もしかしたらできないと思っていたことができちゃったりするかもしれません。

できない。

「バカの壁」という本がありましたね。
壁=できないと思う気持ちなのかもしれません。

自分の可能性を見つけたり、意外なところに感じたり。
この状態を作るにはどういう工夫がいるでしょう?



ss-2010040722312913989.jpg

気付かなかったのですが、ちょっと風邪をひいているようです。
なぜ気づかなかったかというと、

ステートを上げていたから。

楽しいとき、心地よい緊張感のある時、
自分の体調が最高に良い感じになります。
自分の奥の方から、別のエネルギーが出ていて、
その楽しさを十分に味わうために自分の状態を良い方向へ持って行ってくれます。

緊張感が解けると、ふっと風邪をひいたり、体調を崩したり。

今日の私は、緊張がとれちゃったみたいです。



ss-2010022601254266279.jpg

看護師の仕事場は主に女性が集まっています。
最近は男性も増えてきましたが、圧倒的に女性です。

女性同士の職場。

当然女性の特徴として、「群れる」傾向が強くなります。
虐めも集団で起きてきます。

このあたりは男性の職場とは少し異なりますね。
(何しろ、男性の職場のいじめはもっと陰湿ですからね(^_^;)

「群れる」ことが本能としてある女性は、その群れから外れると、
本能的に、生命の危機を感じることもあります。

とてもつらい状況と考えてしまうのも無理はないのです。





ss-2009100420072246035.jpg

とてもきつい言葉遣いの人、
傷つけるような言葉を使う人、
気付いていないかもしれないけど、知らず知らず他人を傷つけるようなことをやる人

身の回りにいませんか?

とても傷つけられたという気持ちが起きること、ありませんか?

どちらも自分に自信がないのです。

本当に自信に満ちて、心から人のために働いている人は、
人を傷つける言葉を使いません。

大きな成功を収めている人は、成功できない人を見て、
その人をけなしたり、傷つけたりする言葉を
私は聞いたことがありません。


人を傷つけないと自分が維持できないから、人を傷つける言葉を使うのです。





最近の私は「つながり」がテーマなようで、
いろんなイベントに参加したり、自分が作ったり、
皆さんに参加を勧めたりという行為が多いです。

どちらかというと、
愛やつながり(ラブコネクション)よりも、
正義感とか重要感とかを求めることが多い私です。


恋に例えるとよくわかるのですが、
あの人に嫌われたくないからあの人に合わせようとすることは
ちょっとだけネガティブの入った愛とつながりの求め方です。

反対に、認められたい!と思うこと、私が正しい!と主張すること
これが重要感や正義を求めているということです。



ss-200610152254381697.jpg
やさしい天使のような心で、
時に鋭く、時に自制力強く…

鬼手仏心 が看護婦の姿。。。


と理想は非常に高いのですが、
私はそうはいってもなんちゃってで看護師になったので。
あまりモチベーションのことを言われるとつらかったです。

プロとしての意識。

日常生活にも同じように要求されたりすると、
本当にしんどくて。
お仕事を辞めてからもしばらくは「自分は看護師でした」と言えなかったものです。





ss-20120810223946288.jpg


願っても願っても届かなかったものが、
あるとき、ふと降り注いでくるように湧いてくる、
チャンスが巡ってくる。

そんなことってありますね。

自分が頑張っているときには得られない。
でもある時、十分に準備ができていないと感じているのに
チャンスが訪れてくる。

こういう時に限って!!というタイミングで。
不思議ですね。






ss-20100902154649361.jpg
ちょっぴり悩ましいことです。

スピードコーチングは、ともすると変な人の集まり?!と思われがちです。
スピードコーチングを勧めるのは、やっぱり理由があって。

友人たちにも、自分にもっと可能性を見出してほしいからだったりします。
年齢が高くなるほど、必要ない!と言い切る人が増えます。

おそらく、人間関係満足していて、安定していて、もう冒険は結構。
リスクは負いたくない。
そう思うと新しいことに取り組まなくなってしまいがち。

実際には。スピードコーチングを学びに来ている人は10代から60代の人までいて、
それぞれが、自分のためだけでなく、誰かのために生きたい!と願っているのです。
本当に素晴らしいです。
ss-20100802104023288.jpg
苦手な人、嫌いな人っていませんか?
反対に好きな人、一緒にいたい人もいますね。

どうしてこの差ができてしまうのでしょう。

恋と同じなのかな?

思わずひき合う相手がいたり、
思わずひいてしまう相手がいたり(爆)

人は出会って数秒でその相手のことを判断してしまいます。

じっくりとお話しして分かり合うこともあるのですが、
それでも第一印象というのは大きく左右します。

何がその境目を決めているのでしょうか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。