上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雲と海
「恋」してますか?

もしかしたら、音楽とか、ダンスとか…そういうものに恋しています!という方は
多いのかもしれません。

いや~私はそういうものには興味がなくて、恋するものがないんです…
なんてさみしいことをおっしゃらないで。
何が好きだったのか思い出してみてくださいね。


さて、ここでの「恋」は「恋愛」編です。

異性であれ、同性であれ、人が人に恋をするって不思議なことです。
知らない同志が出会って、わかりあっていく。
家族を離れて初めての経験ですし、
全く違った環境で育った二人が付き合うのですから、
それはそれは大変です。

それでも、相手に好かれたい一心で
とにかく相手のことを知ろうとします。
時には自分を偽ってでも、相手に気に入られようとしてしまいます。


「恋愛」から、恋が抜けて、「愛」になった時
人は、奪うことから与えることを喜びと感じるようになります。

「恋」は苦しいのです。なぜなら、奪うことが望みだから。
好かれたい、振り向いてほしい、一緒にいたい
これはすべて相手の気持ちを奪いたいという気持ちです。

与えたい、安らいでほしい、どこにいても相手の幸せを願っている。
これが「愛」のかたちです。

あなたはどんな「恋」をしていますか?
それは「愛」に変わることができますか?


人を愛することができるようになるためには。
自分がどんな人間であるかを知り、
自分の良いところも、悪いところもすべて受け入れられるようになることが
一番の近道だと思います。


デートDVというのもあります。
「あなたが来てくれなかったら私は死んでしまう!」なんてことを
相手の人に言う。
自分の命を人質にして、相手を縛ろうとする、虐待ともいえる行為です。
今このような人が多くいるそう。
そして、これを言われる人は、たいてい、
「私が至らないから…」「私が悪いから」と許してしまうのです。

お互いが自立できていないから、
この状態が出来上がってしまうのです。

まずは。
自分自身が、自分のことを本当に好きなのかどうかに気づいてほしい。
自分が大切だったら、こんなことは言わないし、
相手が命を人質にしていることがおかしいことだと気づくでしょう。

どうか若い皆さん。
自分自身を大切に。
そして、世の中で一番自分自身を好きになってくださいね!


まずは自分に「恋」しましょう!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
応援ぽち!ありがとうございます!


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。